* アスタリフトでお肌にハリーさんがやってくる! *

聖子さんのようなハリのあるプルプル透明肌への近道は、感激のトライアルセットから

角質層の保湿

角質層は、外からの刺激や水分の喪失から

からだを守る働きをしています。


空気の乾燥やストレスなどでダメージを受けてしまった

肌は、肌体力そのものが低下ぎみになっています。

多少の外的ストレスには負けない健やかな肌に

もどしてあげたいですね。充分に保湿され、

たっぷりの潤いがある肌は、トラブルにも負けません。


肌の保湿には、角質層の潤い成分であるセラミドや

天然保湿因子が 充分にあることが大切です。 

これらの保湿成分が不足すると、

角質からは 水分が失われて乾燥し、

美しさだけでなく、肌のバリア機能も失われてしまいます。


入浴、洗顔のあとの肌には化粧水などでたっぷりの

水分を与え、天然保湿成分や皮脂を補う脂質を含む

クリーム類でフタをすると、角質層の保湿効果がアップします。

秋のお肌の乾燥と老化

秋も深まってくるとお肌の質にちょっと変化が

出てくることが多いのではないでしょうか。

お肌は、夏の間の強い紫外線によっていつのまにか

乾燥がすすんでいることが多いですね。

ここは、しっかり保湿のお手入れでカバーしたいところ。

手遅れにならないうちに・・・。

肌の奥では 大切なコラーゲンも傷つけられ

ハリも失われがちです。 このようにジワジワっと

しのびよる老化を招くのは 紫外線による活性酸素。

秋は、戸外に出かける機会も多くなると思いますが

しっかりと紫外線対策活性酸素対策をしておくことが

美肌を守るための鉄則といえるでしょう。 
| 保湿

夏肌の乾燥

夏の肌も乾燥を感じることがあります。

洗顔後に限らず、ふとしたひょうしにつっぱる感じ。

肌のうるおい不足は、小じわやくすみ、肌荒れなど

さまざまな肌トラブルの原因につながります。

逆に 充分に保湿されている肌は 多少の

ダメージには負けない肌体力があります。

夏の肌は 潤っていると思ってしまいがちなのですが、

実は、紫外線やエアコンの影響で むしろ乾燥しやすい

傾向があります。

エアコンのきいた部屋は 湿度が低く乾燥しているため、

肌も角層の水分を 調節して減らそうとします。 

また、冷たい風が肌にあたると、肌表面の水分も

うばわれ、ますます乾燥してしまうんですね。

乾燥老化を招かないためにも エアコンの風には

直接あたらないようにしたり、ていねいな保湿ケアを

するなど、夏の間もお肌をいたわる心がけが大切ですね。

| 乾燥
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。